「かかりつけ医」は、患者さんの身近にあり、いつでも病気の相談を受け、そして丁寧に正確に病状を説明し、また必要なときにはふさわしい医療機関を紹介するなどの役割を担っています。

しかし、そうした「かかりつけ医」を選び、付き合っていくのは、患者さんや家族の方々です。これからの医療においては、まず患者さん自身が「命の主人公、体の責任者」であることを自覚され、そのうえで「かかりつけ医」を選ぶことが重要です。