小杉中央クリニック

小杉中央クリニック

診療時間・休診日

休診日:火曜午後・土曜午後・日曜・祝日
○午前:9時~12時30分、○午後:15時~18時30分
時間
午前
午後 予約

火曜日・日曜日・祝日の午後は休診となります。
▲水曜:午前の診療はAM9:00から12:30まで。午後の診療は完全予約制です。
※土曜午後は休診ですが、月1日程度2時から3時30分で診察いたします。お問い合わせ下さい。

地域内で木曜日に診療を行なっている内科クリニックは数少なく、大変ご好評いただいております。一般内科はもちろん、専門性ある内科分野でも対応しておりますので、ご安心してご来院いただけます。当院では大学病院にいかずとも、高い専門分野に対応しなおかつ気軽にいける内科を目指しております。
武蔵小杉の頼りになる内科医院と認知されるようベストな対応を心掛けます。

糖尿病は治癒できる病気、薬に頼り過ぎない治療を行います。

  • 画像
  • 薬漬けにならない治療やマイルドな薬を使う治療をしていきたい。薬は強くすればするほど、止められなくなってしまいますよね。薬は病気を治すことを手伝ってはくれるけど、本当に治す力は自分自身の中にあるんです。ですから、まず自分の生活を見直すことが大事。できることは、少しずつでもやってみてください。運動ならば、なるべく階段を使ったり、通勤のとき駅まで歩く。毎日の生活の中で、心がけることが大事だと思うんですよね。薬に頼る前に、まず自分でできることからやってみる。そうすると、改善や予防につながるんですよ。患者さんには、薬に関しての要望を、たくさん話してほしいですね。アメリカでは1日たったの5分のジョギングで、脳梗塞や心筋梗塞が減ったという例もあります。運動を生活に取り入れれば、改善できることも多いんです。糖尿病も例外ではありません。

糖尿病は、患者さんにあった適切な治療をすれば治癒できる病気

  • 画像
  • 糖尿病の患者さんは、月間400人来院されます。今は若い方も多いのですが、その時は、22〜3歳の若い男性患者さんが来院されたんです。入院した方がいいレベルの状態だったのですが、お仕事の都合で、できれば入院は避けたいというご要望でした。それで、インスリン、食事、運動指導を半年くらい行ったら、安定してきました。今は、食事と運動だけで大丈夫な状態です。糖尿病は、患者さんにあった適切な治療をすれば治癒できる病気ですよ。また、70代の患者さんが、月に1回来院するのが楽しみで仕方ないとおっしゃるんです。私やスタッフとのおしゃべりを喜んでくれているんですね。孫が……、猫が……と、治療とは関係ない話も多いのですが、患者さんの生活スタイルも見えてくるので、私も楽しいです。それが街のクリニックの良さですよね。

本当に怖いのは合併症 放置せずに来院を

  • 画像
  • 糖尿病になって間もない方や、糖尿病に興味のある方を対象に行っています。会場はクリニックでやることもありますし、区役所から依頼があって話すこともあります。予防が大事だとはわかっていても、なかなか納得できないことも多いので、医師が話した方が納得しやすいみたいです。糖尿病の予防や食事療法、運動療法など、少しでも気になることがあったら、まずは気軽にセミナーに参加してほしいですね。企業の健康診断で異常が見つかっても、なかなか病院に行かないんですよ。糖尿病は痛くもかゆくもありませんからね。放置してしまうことが一番怖いんです。放置すると合併症を併発してしまう。特に怖いのは、糖尿病性網膜症、腎不全、心筋梗塞、脳梗塞などですね。こうなったら、少し改善しても油断せず、徹底的に治療してください。軽度のものなら、食事に気をつけて、適度な運動をする。それだけで、治療は済むんです。健康診断で少しでも異常が出たら、すぐに病院に来てください。

ドクターズファイルより抜粋