/ 2月 2, 2018/ お知らせ, はりまや耳鼻咽喉科

冬はよく朝起きた時に、喉の痛みを感じることがあります。
これは、寝ているときに唾液の分泌量が減ることで口の中が乾燥し喉の粘膜にウイルスやホコリなどがくっつきやすくなることでおこります。
朝に喉が痛い時は、すぐにウィルスやホコリを洗い流すためにうがいをするようにしましょう。
また寝るときは、乾燥を防ぐために部屋の加湿やマスクを着用するなどを心がけましょう。